荷物の発送とは?「配達」「配送」など関連用語との違い

専門用語

更新日:

「発送・配達・配送」「宅配便・郵便」「路線便・チャーター便」など、物流業界には似た言葉が多く存在します。業務などで用語を適切に使用するためにも、各用語の正しい意味を知っておきましょう。

ここでは、「発送・配達・配送」などの意味が似た言葉の違い、輸送方法の種類や特徴、発送に関する用語の意味をわかりやすく解説します。大切なシーンで誤った言葉や表現を用いないためにも、ぜひ参考にしてください。

発送とは荷物を送りだす行為のこと

発送とは、荷主(発送元)が荷物を送りだす行為のことです。荷物が荷主から配送業者に渡された時点で、荷主側としては「発送した」状態になります。

しかし、配送業者に荷物が渡っただけでは、荷物が発送されたかどうかを受取人側は把握できません。
そのため、荷主側で「発送した」状態であっても、受取人側では「発送された」と認識しておらず、荷主と受取人で、発送タイミングの認識に相違が生じることがあります。

受取人側で荷物が発送されたかどうかを知るには、荷主や配送業者に問い合わせるなど、配送状況の確認が必要です。
例えば、荷物情報が配送業者のシステムに反映されると、受取人側で荷物の配送ステータスを確認できるようになるため、受取人側としてはこの段階で「発送された」と認識することになるでしょう。

発送と「配達」「配送」の違い

発送と意味が似た言葉に、「配達」や「配送」があります。

「配達」とは、配送業者が受取人に荷物を届ける行為のことです。
「達」の字があることから、「目的に達した=荷物を送り届けた」という意味が含まれると覚えておくとよいでしょう。

一方で「配送」とは、配送業者側の目線で使用されやすい言葉で、商品や荷物を荷主から受取人まで運搬する全過程を指します。
配送業者が行う配送の過程のなかに、荷主が配送業者へ荷物を渡す発送や、配送業者が受取人へ荷物を渡す配達があると考えると理解しやすくなります。

ちなみに、発送はおもに荷主目線で用いられる言葉です。配送業者目線では、荷主から荷物を預かることになるため「荷受け」と呼ばれます。
このほか、発送と似た意味を持つ言葉に、荷物の長距離移動全般を指す「輸送」や、トラックや車による荷物移動を指す「運送」などがあります。

さまざまな輸送方法の種類と特徴

一口に「荷物を発送する」といっても、その輸送形式や輸送方法はさまざまです。
「輸送」とは、前述したように荷物を長距離移動させることを指す言葉で、自動車(主にトラック)や船、飛行機などさまざまな方法が含まれます。
ここでは、物流業界のおもな輸送方法を解説します。

路線便

路線便とは、物流会社のトラックに複数の出荷人の荷物を積載し、ほかの拠点へ荷物を送り分ける輸送方法です。
そのほかにも「特積み」や「積み合わせ便」、「混載(こんさい)便」とも呼ばれています。
チャーター便が一カ所の荷物を一つの送り先へ輸送するのに対し、路線便は複数の場所で集荷・配達を行うため、一度の輸送で何度も荷物の出入りがあります。
そのため、細かな時間指定ができない、荷物事故のリスクがあるといった点に注意が必要です。
チャーター便と比べると安価に利用できるため、複数拠点間で頻繁に荷物を移動させたい企業では、路線便をうまく活用することで輸送にかかるコストを削減できるでしょう。

チャーター便

チャーター便とは、飛行機やトラックなどの車両をチャーターする(=貸し切る)輸送方法のことです。
宅配便で扱えないような大型荷物や重量のある荷物は、物流会社のチャーター便で大型車両を貸し切り、荷主から指定の場所や住所へ直接荷物を送ることが可能です。
チャーター便はおもに法人で利用される輸送方法で、宅配便より大きい・多い荷物を運ぶシーンで活用されています。

航空便、海上便

チャーター便とは、飛行機やトラックなどの車両をチャーターする(=貸し切る)輸送方法のことです。
宅配便で扱えないような大型荷物や重量のある荷物は、物流会社のチャーター便で大型車両を貸し切り、荷主から指定の場所や住所へ直接荷物を送ることが可能です。
チャーター便はおもに法人で利用される輸送方法で、宅配便より大きい・多い荷物を運ぶシーンで活用されています。

海上便は、貨物船やフェリーなどの船舶で荷物を輸送する方法です。
一度に多く輸送できるためコストが低く、重量のある荷物や大量の荷物の輸送、長距離輸送に適しています。
なお、自動車(主にトラック)による輸送を「陸送」、航空便による輸送を「空送」、海上便による輸送を「船送」と呼ぶ場合もあります。

宅配便

「宅配便」は配送業者が荷物を集荷し、指定された場所や住所まで直接配達するドア・ツー・ドアの配送サービスのことです。
宅配便で送れる荷物のサイズ(縦・横・高さの三辺の合計)や重さには制限があります。
宅配便のサイズ区分や最大サイズは、配送業者によって以下のように異なります。

配送業者A

サイズ区分

荷物の縦・横・高さの三辺合計

重さ

60サイズ

60cm以内

2kgまで

80サイズ

80cm以内

5kgまで

100サイズ

100cm以内

10kgまで

120サイズ

120cm以内

15kgまで

140サイズ

140cm以内

20kgまで

160サイズ

160cm以内

25kgまで

180サイズ

180cm以内

30kgまで

200サイズ

200cm以内

30kgまで

配送業者B

サイズ区分

荷物の縦・横・高さの三辺合計

重さ

60サイズ

60cm以内

2kgまで

80サイズ

80cm以内

5kgまで

100サイズ

100cm以内

10kgまで

140サイズ

140cm以内

20kgまで

160サイズ

160cm以内

30kgまで

170サイズ

170cm以内

 

 

50kgまで

180サイズ

180cm以内

200サイズ

200cm以内

220サイズ

220cm以内

240サイズ

240cm以内

260サイズ

260cm以内

配送業者C

サイズ区分

荷物の縦・横・高さの三辺合計

重さ

60サイズ

60cm以内

 

 

 

一律25kgまで

80サイズ

80cm以内

100サイズ

100cm以内

120サイズ

120cm以内

140サイズ

140cm以内

160サイズ

160cm以内

170サイズ

180cm以内

郵便・小包

「郵便・小包」は、一般的に郵便局が取り扱う郵送サービスのことです。手紙やはがき、雑誌などの刊行物のほか、厚みのある小さな荷物を所定の運賃で発送できます(郵便局から発送する場合に限り、郵送とも呼びます)。
送りたい郵便物や小包のサイズによって利用できる郵送方法が異なり、代表的な郵送方法には以下のようなものが挙げられます。

  • 第一種郵便物(定形郵便物、定形外郵便物 など)
  • 第二種郵便物(通常はがき、往復はがき など)
  • 第三種郵便物(郵便局の承認を受けた定期刊行物)
  • 第四種郵便物(通信教育用郵便物、点字郵便物、植物種子等郵便物、学術刊行物郵便物 など)
  • 上記に該当しない郵送サービス(ゆうパック、ゆうパケット、ゆうメール など)

発送にかかわる用語 

ここからは、発送に関するさまざまな用語の意味を紹介します。

集荷

集荷とは、荷物を送りたい人や企業のもとに配送業者が訪れ、直接荷物を預かってくれるサービスのことです。
集荷を利用すると、自宅や事務所にいながら荷物の発送が可能です。個人や法人に関係なく利用でき、大手の配送業者では集荷による追加料金が発生しないことがほとんどです。

輸送

輸送とは、物品や人を一定の場所から別の場所へ移動させることを指します
一次輸送とも呼ばれ、輸送方法の違いにより「○○輸送(例:自動車輸送、航空輸送、鉄道輸送)」とも呼ばれます。

運送

運送とは、荷物や乗客を特定の地点から目的地まで、車やトラックで輸送することを指します。
あえて「運送」という言葉を用いる場合は、海上輸送や航空輸送を含みません。

追跡番号

追跡番号とは、荷物の配送状況を確認するために配送業者が発行する識別番号のことです。荷物の送り状や伝票に記載されており、送り状番号や伝票番号とも呼ばれます。
配送業者のシステム上で追跡番号を照会することで、誰でも荷物の配送状況を確認できます。

配達完了通知

配達完了通知とは、荷物が指定の届け先に無事に配達されたことを伝える通知サービスのことです。
さまざまな配送業者で採用されているサービスで、通知方法にはおもにメールが利用されています。利用には、各配送業者で事前の利用登録が必要です。

まとめ

「発送」とは、荷主から配送業者へ荷物が受け渡されることを指す言葉です。
一方で、「配達」は配送業者が受取人に荷物を届ける行為を指し、「配送」は荷物を荷主から受取人まで運搬する全過程を指します。
日頃、何気なく使用している言葉でも、実際は含まれる意味に違いがあるため、ビジネスシーンでは適切な言葉を用いるように心がけましょう。