サステナビリティ

環境への取組み

共同輸送で取り組む環境負荷低減

2006年、ボックスチャーター株式会社は、ヤマトホールディングス株式会社、セイノーホールディングス株式会社、日本通運株式会社を含めた14社の合弁で設立し、JITBOXチャーター便事業を開始しました。現在、全国の各エリアで強みを持つ15の企業グループがこの事業に参加しています。各社がお客様から荷物をロールボックスパレット単位で預かり、幹線輸送の拠点に集約して、全国各地に輸送するというしくみです。これにより荷台には空きスペースが無くなり、走らせるトラックの数も減るため、輸送コストも、輸送時のCO2排出量も削減できます。

JITBOXチャーター便の積載効率が高い理由
環境に配慮したリターナブル梱包資材(3Qオプション)

当社は環境負荷を減らすことを目的に、梱包材およびPP(ポリプロピレン製)バンド等の固定資材の廃棄量を削減できるリターナブル梱包資材の開発・提供をおこなってきました。 2013年には、ボックス専用の中間棚で、荷物を上積みすることなく積み付けられるFitラックが、第14回物流環境負荷軽減技術開発賞を受賞しました。また、2020年には新たに楽ラクJITバンド、楽ラクJITマットを開発し、環境負荷削減に加え、取り付け時間の削減、防振性も確保しています。

社会への取組み

植林活動への寄付

JITBOXチャーター便で使用するボックスはトラックで輸送されています。CO2を排出する輸送システムを提供している企業として、持続可能な社会の構築や環境保全へ貢献するため、前年度の発送本数に応じ環境団体への寄付を実施しております。
2023年度は、公益財団法人国際緑化推進センター、公益財団法人鎮守の森のプロジェクト、NPO法人アクアプラネットを通じ、国内外への植林、石垣島へのサンゴの植え付けに協力させていただきました。

  • 福島県南相馬市「森の防潮堤」づくりの様子
こども交通安全教室への参加

日頃から道路を使わせて頂いている地元の皆様への感謝の気持ちとして、全国の「こども交通安全教室」に私たちも参加させていただいています。
2015年には、福岡県直方市立直方南小学校で開かれた交通安全教室に参加させていただき、地域の小学生やそのご家族の皆様に、横断歩道の渡り方や自転車乗車時のルールをクイズや映像を交えながらわかりやすく指導させていただきました。

クリーン作戦の実施

日ごろJITBOXを発送・配達いただいている皆様と、地域の皆様に感謝を込めクリーン活動をおこなっています。

葛西臨海公園付近でのクリーン活動

その他

グリーン電力利用による
再生可能エネルギー普及への貢献

当社では、再生可能エネルギー普及に貢献するため、グリーン電力証書を購入しました。
2023年度の事務所で使用する電力の約50%が、再生可能エネルギー(バイオマス)を利用したとみなされています。